茨城散策

Share on Google+Tweet about this on TwitterShare on Facebook

賃貸住宅サービス阿波座店です。
寒い日が続いておりますが、日本三名園と言われている茨城・偕楽園とその周辺へ行ってまいりましたのでアップします☆

茨城県、水戸市にある偕楽園へ着くと入口に「偕楽園へ行く前に常磐神社へ」と書かれていたので
まずは水戸黄門様を祀る神社を参拝。
偕楽園
偕楽園
「この紋どころが目にはいらぬかー」
「ははー」
黄門様へご挨拶をして偕楽園へ。

偕楽園では梅まつり開催直前ということでまだつぼみが多い中、
早咲きの花達がお出迎えをしてくれました。

偕楽園
偕楽園には100品種3000本の梅の木があるそうです。

そして徳川斉昭が別邸として眺望を楽しんだ「奥御殿」と「好文亭」へ。
偕楽園

偕楽園
奥御殿では各部屋にちなむ襖絵が楽しめます。ここは「つつじの間」

偕楽園
「梅の間」は最も高貴な部屋で明治以降は皇族来亭の折には休息室として使用されていたそうです。

好文亭3階「楽寿楼」は舞が踊れるような大広間でした。
ここで舞を踊り、宴を開いて風情を楽しんでいたのでしょうね。
「楽寿楼」から眺める景色は絶景で、千波湖や梅林だけではなく遥か遠くまで見渡せる事が出来、素晴らしかったです。
あと東塗縁の杉皮の天井が素敵でした。
この風情ある趣きが好きで、我が家の和室の天井では杉皮を思わせるデザインの壁紙を使用しています。

偕楽園を楽しんだ後、暗くなるまでにはまだ時間があるということで大洗へ行くことにしました。
大洗は3.11の東日本大震災で津波の被害にあった所です。
またあんこう鍋でも有名な港町です。

道中、震災や津波被害の事を色々と考えながら大洗磯前神社へ到着。
k166_n

大洗
鳥居越しに見る海岸。
この鳥居をくぐり階段を下りると「神磯の鳥居」という海の岩に立つもう一つの鳥居があります。
神磯の鳥居の写真はこちらから>>

大洗
直ぐ近くの海岸より。

そして翌日は JAXA筑波宇宙センターやつくば国際会議場等、筑波研究学園都市と呼ばれるエリアをドライブ。
宇宙センター宇宙センター

洗練された魅力ある街づくりをしているなあという印象でした。
関東圏でも人気のエリアではないかと推測しています。

今回は大阪からの交通手段はLCCを利用しましたので、次のブログではLCCについて書いてみたいと思います。