関空から成田へ往復5827円

Share on Google+Tweet about this on TwitterShare on Facebook

こんにちは、賃貸住宅サービス阿波座店です。
関空から成田へ往復5827円で行ってきました♪

いつもはLCCのジェットスターを利用していますが、今回は
値段が合わなかったので他のLCCへトライしました。

そこで選んだのが片道737円という破格のセールを開催していたスプリングジャパン。

スプリングジャパンは中国の航空会社「春秋航空」の日本での通称です。
あまりの安さに「大丈夫かなー」「お客様は中国の人達が多いんだろうなー」等と不安になりつつも値段には変えられない!ということで申込みをしました。

で、どうだったかというと「無茶苦茶よかった!」です、はい。

まずお値段。
k3_n
往路は特別セールの737円+空港税380円!(金曜夜)
復路は通常セールの3470円+空港税380円!(日曜夜)
合計が4.967円!

これはジェットスターの片道料金やん!!!!! w(゚o゚)w

決済時、支払い手数料が別途860円!片道運賃より高かった(笑)

そして出発日。関空の乗り場は駅から一番近い第一ターミナル。
仕事終わりの出発という事もあり出発ターミナルが近いのは貴重です

KIMG1417
搭乗手続きを終えて、搭乗口へ。
搭乗口までほとんど歩かず到着。近いです!

KIMG1419
周りを見回すと日本人ばかりで一安心。
ジェットスターの方が外国人が多いです。

30分遅れで飛行機が到着。
KIMG1423
この飛行機に乗ります。
誘導は窓側席から案内する方式でとてもスムーズでした。

飛行機の中は青の間接照明が落ちつく空間を演出。
シートピッチはどのLCCもほとんど一緒でしょうが、ポケットの位置や
座席下の荷物置き場が広いからなのか、他社と比べ少しゆとりがあります。

CAさんは日本人で大手航空会社と同じぐらいの質の高さを感じました。

他のLCCと比べ不便と思えたのがスマフォでチェックイン出来ない点です。ですが、搭乗手続き時に荷物チェックをしてもらえるので問題ないかと納得しちゃいました。

手荷物制限は自己責任とはいえ、搭乗口へ着いてから抜き打ちで荷物チェックされ押し問答している光景を見るのは嫌気がさしていたのです。
搭乗手続き時に指摘されれば荷物を預ける選択肢も選べますから。

手荷物制限は料金に比例し厳しく5kg迄です。大きな荷物を持ち込めないのが、乗降の誘導が早い理由の一つかもしれません。

そんな訳で乗ってみてよかったスプリングジャパン。
これからは頻繁に利用させていただこうと思います!